歓喜天倶楽部

日本一多趣味のテキストライター篠野が魅せる。日本一多趣味なブログ。

暑い。


こんちは。篠野です。
今日は七月を締めくくる最低なトピックです。

何といっても天気の話なのだから。
初対面の人と、会話が詰まったからって天気の話するなんて人として話の引き出しが少なすぎるんじゃない?と思う今日この頃ですが、もう別に話題にせざるを得ないくらいに、

暑い。

「本日はお日柄も良く~」とか「きょ、今日はいい天気ですね~アハハハ」とか言ってる場合か?タイより暑いんだぞ。サウナ好きな人って夏好きなんですかね。どうなんですかサウナーさん。私は私とはぐれることが出来ないのはサウダージか。初デート、頑張ってください。

夏、暑くなってくると毎年私の中のORANGE RANGEがアッア~ナンカイイカンジとか言ってくるので心底鬱陶しいのですが、世の中には夏に行われるイベントがあるじゃないですか。まあ海開きとかビアガーデンとかナイトプールとか。日焼けはしたくないしビアガーデンって陽キャの巣窟だから嫌い。いざそういう場所に誘われたらそれなりに馴染めてしまう自分も嫌い。

この話題が天気だからもう話の内容が尽きそうで困ってるんだけど、新海誠のアニメ映画で「天気の子」ってあるじゃん?私は「言の葉の庭」派です。秦基博めっちゃいいやん。言の葉の庭に影響されてビール飲むときにチョコを一緒に食べるようにしたら実は滅茶苦茶合うことに気が付いたよ。
話が伸びないのでさらにアニメから連想させると、この間金曜ロードショーで「時をかける少女」やってましたね。見ました?私は初めてこの間見たんですけど、そこそこに面白いですね。でもどうしても、タイムリープモノはアニメ「Steins; Gate」と比較してしまいます。世界線にまで細かく言及していて矛盾がないのってとっても凄い事ですよね。知らない人はさっさと見てください。
だいたい「時かけ」とか「サマーウォーズ」とかで印象的なのが入道雲じゃんね。でも入道雲って、大雨が降るってことを表してたりするよね。私はあの入道雲も嫌い。ああいうでっかい雲を見せて「ひと夏の思い出」とか「夏だからいいじゃん」とかそういうのを思わせようとしているところも嫌い。二十何年も生きてきた心が入道雲みたいにさも爽やかになるなんてことはないもの。住む世界が違うのよ。雲だし。ひと夏の思い出ってのが嫌い。人生地続きじゃないの?そんなチェックポイントが毎年あるのかな世間って。忘れていい記憶なんてないんだから人間は忘れちゃうんじゃないの?そこって相反関係にあるからこその関係性だと思うんだけど夏だけ例外なの?それって人間的にはデバフじゃない?

こうも暑いと気に入っている服を着て出かけられないという問題が発生しますよね。私、春と秋と冬が好きなので。大体シャツも長袖だし気に入ってるのは大体アウターですから。波田陽区でも残念がらないくらい暑いよ。波田陽区秦基博って語感がちっとも似てないね。
ファッションは我慢だ!とか言うし私も同意できるんだけど、もう我慢していい暑さじゃない。裸足で外出たら足の裏がもんじゃ焼きみたいに焼けちゃうよ。

ちょっと!あなたの例えが悪すぎてクレームきてるんですけど!!

いつぞやのファッション誌で「白T特集!」みたいなのがやってて丸々一冊全部白の無地のTシャツを紹介しまくってたんですよ。それ見て私は、夏が来るとみんなバカになっちゃうのかなと思いました。そんな数年前よりもはるかに暑いんだから、もう暑いよ。あー暑い暑い。海外みたいな気候になっちゃってるもんね。って海外から見たら日本も海外か。ってエイリアンから見たら私たちもエイリアンか。てへ。


論点も何もないですね。だって私は天気の子じゃないし天達でもない。ただ天気の話をしているしがない人間です。


あと盆になると死んだ先祖たちが帰ってきてみんなでスリラー踊るって話を聞いたんですけどマジ?


七月が終わりますね。


って、私が一番バカですね。アハハハ。

夏のせいだよ。