歓喜天日記

私の持つ"喜"をここに記します。

会社のコーヒーが熱すぎる。




。篠野です。

こんにちは。
→んにちは。
→んちは。
→ちは。
→ち。
→。

というわけ。


今日のトピックです。




会社のコーヒー。




弊社には、コーヒーのドリップマシンがあります。

なんとなく、コーヒーを淹れに行くこともあります。



この間ね、こんなことがありませんでした。


私       「ポチっ」
コーヒーマシン 「ガガガ…」
コーヒーマシン 「出来たで。」ピー
私       「うい」コップ取り上げ
私       「飲も。」ズズ
広瀬すず    「私も飲も。」広瀬ズズ
広瀬すず    「熱っち!」
広瀬すずコップ 「今、倒れているなうw」
広瀬すずコーヒー「ダムは決壊する。解せぬ。」
広瀬すず    「あ。」
私       「え。」広瀬すずコーヒーバシャ

ぶるあああああああぎゃらあああちちちああああううう!!!!!!



そうなんです。
この間会社でということが、なかったんですよ。


体感700度。



恐る恐る口付けたのにも関わらず、
上あごを火傷しちまいました。
熱すぎてヤクザかと思いました。


私を試しているのか。




熱々のヤクザコーヒー(今命名した)を、涼しい顔で美味しく飲めるかを
奴らは試しているんじゃないか、って。
これは、人間選別なんじゃないかって。

え?奴らって言うのは、機関のことですよ。






私は、決ひて、くぎけない!(上あごをベロベロに火傷しながら)



カス。


終わりです。

私がこの記事で言いたかったのは、


広瀬すずってコーヒーをすする音も「スズッ」なのかな。
もしそうじゃなかったら「広瀬すず」じゃなくて
「広瀬ズズズッ」じゃん。


でした。


さようなら。
探さないでください。