歓喜天日記

私の持つ"喜"をここに記します。

トラベラーズノートって使いづらい。人を選ぶ。

 

こんにちは。
今日はトラベラーズノートのお話。
この記事に迷い込んだあなた。ようこそ(暗黒微笑)
いきなりですが、単刀直入に聞きます。
いいですか?誰も言っていないことを代弁します。

 

トラベラーズノートって、使いづらくないですか?

ええ、わかります。使いづらいですよね。
なぜ、使いづらいのか、考えたことはありますか?
私は、あります。STAP細胞はありません。
とまぁ簡単に、使いづらいと思う理由を3つ考えましたので、それをお教えしたいと思います。
目を食いしばって良ォォく聴けェ!!


〜心の声〜
トラベラーズノートが好きな人、ごめんなさい。
最初にけなして、最後に褒める記事なので帰らないで。(ネタバレ)
俺も好きだもん!!!!!!!
〜心の声 終〜

 

おっと。今日のトピックです。

 

 

 

①レギュラーサイズのサイズ感が微妙。

まずはこれ。レギュラーサイズを8冊持っているjoooyaくんは、常々感じています。声を大にして言っても良い!!ケツポケットに入らない!!!!!!!!!
なんか地味にでかい。A4の紙を三つ折りにする機会そんなねーよ。外に持ち出したい気分の時、8冊も持ち出せねーよ。っていうか8冊も使い道ごとに分けられねーよ。なんで8冊も持ってんだよ。ふざけんな。

 

亜鉛の留め具が邪魔。


次にこれ。めっちゃ邪魔。ビジネスユースしようとしたら机に鉛の擦り跡が付いちゃいました。平らに机に置けないから、ちゃんと書けない。私は右利きなので見開き左側のページにカキカキするのが大嫌いです。右手首が紙に当たってッサッサってなるのが嫌です。
普通のノートは右側を全ページ書いて、逆さにして見開いて右側のページを書き戻ります。こうすることで一生見開き右側のページを書き続けることができます。仕事のノートとか、マジでやってます。

 

③ゴムバンドの結び目が邪魔。

三つ目がこれ。亜鉛のカシメと同じ理由。結び目がリフィルの重心を盛り上げてくる。さすがリフィル社長!お目が高いですね!と言わんばかり。確かにオメガ(腕時計)は高いけどさ。見開き右側のページが大好きな僕の心を我が物顔でねじ伏せる変態機構。

やっぱどう考えても、不便。

欠点だらけ。ノートとしての機能を邪魔している要素ばっかじゃん。
だけど、トラベラーズノートが我々に教えてくれることがあります。
それを代弁者である私は、できるだけ誇張して!カッコつけて!伝えます。
(  )は、つけませんよ。

制約された自由

聞こえてきませんか??トラベラーズノートから。

「不便だと決めたのは誰?」

そうです。自由なんです。ぼくらは。

なにをしても、いいんですよ。伴うのは、責任のみ。
あなたの判断で、好きにやっちゃえ〇産。(マジで面白くない)
不便だと、決めるのも、あなたです。

人は、選択肢を無限に与えられると無能になる。

そうは、思いませんか?例えばYouTube。なんでも見れます!例えば化粧品。同じような効果の化粧品が五万。例えば、人生。人生は、自由です。好きにやっちゃえ日〇。(マジで面白くない)
こうやって、無限の選択肢を与えられると、何も選べなくなる人の方が多いです。YouTubeでなにを見たいのかわからない。どの乳液を選んだらいいかわからない。どんな学校に行きたいのか、わからない。どれも一緒じゃん。選べないよ。うんうん、わかります。

でも、トラベラーズノートは、違う。

トラベラーズノートは違います。制約がある。レギュラーサイズの中途半端なサイズ感。平らに広げることを妨げる亜鉛のカシメ。でこぼこして描きづらい結び目。ここから導き出される一つの解。それは、、、、




シュルルルル・・・・・・



 


パアァ・・・・・・



 

スッ、、、、

 

 

君がどうしたいかを、考えるんだ。それが、カスタマイズだ。

 

我々は、機能に制限をかけた。君自身が考え、想像するゴールへ、君が進むんだ。制約された自由の中で、踊る楽しさを、思い出してほしい。

、、、、との、ことです。

トラベラーズノートのメッセージ性、強いですね。

 

カッコつけたところで不便なものは不便だ、ふざけんな。

まぁまぁ、落ち着いて。そう言わずに。
っていうか、トラベラーズノートを使いこなせないことは、選択肢を制限されているのに選べないってことに言い換えられちゃいませんか??悔しくないですか?やっぱめちゃくちゃクセのあるアイテムを使いこなしてるのってカッコよくないですか??スマホやデジカメで簡単に綺麗な写真が撮れる世の中だけど、フィルムカメラを使いこなしてる人、憧れませんか?インスタントコーヒーでも十分美味しいけど、豆からちゃんと挽いて淹れて飲んでる人、憧れませんか?それと同じです。
トラベラーズノートのポテンシャルは計り知れません。だから、僕は、平らにならないけど、カシメを外さないし、でこぼこするけどゴムバンドもしています。レギュラーサイズが中途半端にでかいのは、我慢しています。40キロよりも60キロの女性の方が1.5倍お得!って誰かが言ってた理論でバイブルサイズよりもお得だと信じて。

不便さを愛せるかどうか

まぁ結局、ひっくるめて愛せるかどうかですよ。使いづらいところも含めて、かわいいなぁと愛でることが、あなたができるかどうかに、かかっています。
僕はできます。金属の塊の重たいフルマニュアルカメラを大事に大事に可愛がることができます。
精神論ですが、「トラベラーズノート、不便だな、解決方法あるかな」「カスタマイズどんなことをしたらいいんだろう?」と考える前に、自分で憧れる使い方を目指す。それだけで十分です。
行き詰まったらカスタマイズ例を調べてみるものいいです。

ちなこれ私のカスタマイズの記事↓

kan-ghi-ten.hatenablog.com

 

最初から、なんとなくオシャレだから!でトラベラーズノートを買うと、現実突きつけられて痛い目を見ます。インスタグラムに載っているようなオシャレな絵は描けないし、英字新聞買いに行くのめんどくさい。模索しながら答えをインターネットで探す度に新たにトラベラーズノートを買って、8冊買うことになります。私はそれをこの体験をもってして学んだのでした。
結局、自分が想像して、こう使いたい!と思ったことを実行することでしか、満足感を得られません。だから、使う人を選ぶ。だけど、裏を返せば、自分に合った使い方が発見できれば、トラベラーズノートは、宝物になります。僕は多分災害が起きて避難しなきゃいけなくなった時、咄嗟に1冊持って非難すると思います。だってかわいいんだもん。使いづらい邪魔なカシメも、キッツイゴムバンドに締め付けられた跡も。リフィルでパンパンに太った姿も、ひっくるめて、かわいいな〜っつって、それを愛せるかどうか。トラベラーズノートって、そういう要素が詰まった素敵なプロダクトだと思います。

トラベラーズノートを使って、あなたが、他人”ヒト”とは一味も二味も違うんだってことを、魅せてやれッ!!!!
キャンプで食う飯盒で炊いた米、美味しいぞ。そういうこと。

そんじゃね。