歓喜天日記

私の持つ"喜"をここに記します。

カメラのことばかり考えていたら、スマホまでカメラになっちゃった!


こんち。
篠野です。
絶対に逆から読まないでください。
不可抗力です。


はーい、トピック。



スマホ変えた


私事ですが、スマホ変えました。
2年くらい使っていたスマホが壊れてしまったので。

さようなら。Google Pixel 5


すごく使いやすくて、
質感が良くて、色がかわいくてね。
動画の手振れ補正が優秀で、
珍しく飽きずに2年使えたスマホです。


石っぽい触り心地が他にはないスマホでした。
あと凄くコスパ良い。5万くらいだったけど、画質も良かったし動画の手振れ補正スゴイ。iPhone12 Proと互角くらい。iPhone持てないから実態は知らんし動画撮らないから全然必要ありませんでした。

私、ガジェットも大好きなので、世の中の色んなスマホとか欲しくて、SoftBankのSIMをSIMロック解除してSIMフリー化させて、スマホ本体だけを何度も買い換えてきました。

iPhoneを辞めてからは、Aquos Rから始まり、時にはXiaomiだったり、時にはOPPOだったり、Ulefoneだったり。で、最近まではPixel5だったと。
ちなみにみんな!Xiaomi良いよ!コスパとっても良い。日本のものづくり、負けちゃうよ!気に入りすぎて二回修理した!二回も壊すなって話ですよね。
とまあこんな具合に本体だけ変えてきたから、私のスマホ代の請求書は未だにAQUOS Rなんですよ。


で、私のPixelなんか使えなくなったのよ。

バッテリ―残量が「」っていう初めて見た表示に気が付いたらなってて。
そこから1時間後くらいには電源が入らない状態になりました。

「?」じゃないっすよ!こっちが「?」ですよ!

なんでだろう。防水だからとか言ってお風呂に持っていって動画見てたからかな?(自覚あり)ちゃんと乾かして使ってたつもりだけどね。
皆様気をつけましょう。たとえ防水だとしてもジップロックとかした方がきっといいよ。中の基盤とか見えないところがサビちゃったりショートしたりしたんだろうな。二年経つとさ。

そうして使えなくなっちゃったんですよ。データ引っ張り出すこともできないし、本体はAmazonで買ったから保証とか何もないし。
安らかに眠れ、私のデータ達…。ラーメン。


そうして手に入れた。



そして手に入れました。コイツを…。



LEITZ PHONE 1



1年前に発売されたスマホですがね。

私はこれが欲しくて、あえてこれにしたんですよ。

じゃあ簡単にどういうスマホか説明するね!

イカが監修した初のスマホ



筐体デザインと一部UI、シャッター音とかのカメラ機構をライカが監修しました。
中身はAQUOS R6なんだけどね。
って、アクオスかよ!!原点回帰かよ!!

1インチセンサー内蔵カメラレンズ


どういうことかわかりますか?
もうデジカメなんですよこれ。
一般的なデジタルカメラに搭載されているセンサーサイズと同じ大きさのセンサーが搭載されています。
じゃあもうこれはカメラだねってことで。
2020万画素だということで、私のLeica M-P typ240が2400万画素なので、マジでサブ機みたいな位置づけ。しかも電話出来たりSNS出来たりするらしい。
素数に関してはよくわかりません。気にしたことがない。

本体代金18万





い~やたっか!!!!!!
なので、中古で9万円で買いました。半値。多分日本で最安だった。


概要はこんなもん。


そう、概要はこんなもんよ。

じゃあなんで私が一年前のスマホを選んだのか、なんでこのスマホにしたのかを教えてあげますよ。


LEITZ PHONE 1にした理由。



一個ずつ見ていきましょう。

かっこいいし、カワイイ。


まずは、この筐体のデザインですよね。

イカファンには、堪らないのよ。
削り出しボディを思わせるサイドのローレット加工。


程よい重量感。所有欲の満たされ方がすごいよ。
イカの赤バッヂも良いですね。

見たままの写真しか撮れないという「尖り」



昨今のスマートフォンにある、純正のカメラアプリで写真を撮っても、補正が入ってみたままの写真が撮れないことに悶々としていました。
Pixelでトラベラーズノートとか撮ったとき、色味が全然違ったもん。あり得ないと思っていました。
目がでっかくなったり色が白くなったりするんでしょ?もう嘘やんそれ。

イカ監修のスマホなら、やってくれると思ったよ。
一般的な写真の在り方について一発殴ってくれるようなものを作ってくれると。

美学が宿ってる。

この手口。機能を制限したこの手口。

kan-ghi-ten.hatenablog.com

これを感じちゃうよね。
レンズキャップが付いているのも、
一連の所作を見出してね!と言わんばかり。

専用のモノクロモード「LEITZ LOOKS」がニクい。


簡単に撮ったこの写真を見てください。




どうですか??

イカはモノクロ写真を得意としているらしく、
独特の解像感がありますね。空気感というか。
まあ私のライカMPはモノクロじゃ撮らないけどね。
だからスマホでモノクロ撮るのもいいかもとか思ったりしてます。

カメラをもう一つ買った気持ちです。



もうスマホを買い換えたと言うよりも、
新しいカメラを手に入れたようです。
モノクロ機みたいなワクワクがあるよ。
もちろんカラーだってめちゃいいけどね。

スマホ機能はおまけだと思ってる。


本体が熱くなるとか、ちょっとアプリ落ちるとか、ライカファンにはもはや問題じゃない。これ、カメラだから。

モノクロ写真を撮りまくりたい。


モノクロは、白黒に写すことで、
色という情報を排除して形に集中できると思うんですよ。

今後のカメラロールやインスタの更新は白黒になってくるかもしれません。

これからも豊かに写真ライフを送っていく。


私はそうやって生きていくぜ。

おしまい!