歓喜天倶楽部

日本一多趣味のテキストライター篠野が魅せる。日本一多趣味なブログ。

東海オンエア騒動について思ってることを書くわ。


画像は東海オンエア「としみつ」のインスタグラムから借りてます。返さんけど。


皆さんこんにちは。篠野です。

久々に更新したなあと思ったら
ちょっとヘビーな話題です。


ネットをそこそこ見る人なら、言わずもがな
目に飛び込んできたことでしょう。


東海オンエアの主砲こと、しばゆーの大暴走。

事の発端となった動画、経緯。などなど。
皆様はどれくらい把握されていますでしょうか。

いちファンとして、思っていることを書きます。


ということで目次。



まずは基本的な情報。



まずは基本的な情報から。ファン目線含む。
東海ファンのみんなは、ここで私がどれくらいファンかを見定めてもらって構いません。
偏見、誇張を含むので読みたい人だけ読んでください。


東海オンエアとは、愛知県岡崎市を拠点に活動する
6人組のYouTuberグループです。

チャンネル登録者数は700万人を突破し、
まさしく2023年10月に活動10周年の節目を迎えたばかり。

メンバーの紹介をざっくりとします。

一人目。

AKB48峯岸みなみと結婚したことで話題になった東海オンエアのリーダーの「てつや」。メンバーカラーはオレンジ。
オレンジ髪も特徴的です。
車にまつわる運がとても悪い。自分の愛車を高速道路の入り口でトラックにペシャンコにされたり、買い換えた愛車を駐車場で高齢者ドライバーに擦られたり、さらに愛車(レクサス)が盗まれて車の中の荷物が安城市の田んぼに捨てられていたり。危ないから車には乗らないほうがいいぜ。超車社会だけど。

二人目。

東海オンエアのスケジュール担当こと「りょう」。メンバーカラーは青。
背が高く、イケメン枠で女性ファンの多いこと。しかし彼女がいつまで経ってもできない。その原因は彼が超人であることにきっと他ならないだろう。
東海オンエアというグループはエンタメ系YouTuberである特性上、ある程度体を張る企画も多いが、彼にとっての東海オンエアでの体張りは、よほどのことではない限りはダメージはない。死ぬこと以外は無傷であるとされている。
「チャリで2番目に遠くまで行った人が優勝」という企画の動画があった。
要は「アイツはきっと○○kmくらい走るから俺は○○kmくらいにすれば二位だ」と考える戦略性も含む企画だ。東海オンエアらしい、面白い企画だと思う。
その動画で彼は「これくらいの距離なら二位だ」と叩き出した移動距離が70km超え。場所にして愛知県岡崎市から静岡県掛川市まで自転車をこぎ続けた。もちろん2位より30kmくらい遠い場所。これよりも遠くまで進むメンバーが居て当たり前だと思っている。彼はそういう人間である。人間ではないのかもしれない。多分、金属バットで頭を殴ったら倒せる…と思う。


長くなってしまった。サクサクいこう。
三人目。

グッズ担当こと「としみつ」。メンバーカラーは緑。
緑のスカジャンがマジで似合う。滝藤賢一を少し小さくした感じ。
未来人として愛される。ちなみに歌うまい。古着が好き。正義感が強く、
ドッキリを掛けられた彼がドッキリと気づけずに場の雰囲気を悪くしてしまったことがあり、東海オンエアに向いていないのかも。と泣いて謝ってしまうほど人情に厚い。いつもハキハキと物申すし、男らしい行動を取るので、人によっては怖いと思われがちかも知れないが、誰も傷ついてほしくない。そういう暖かいマインドの持ち主。
ちなみに私は彼が通う大学のすぐ隣にある大学に通ってました。


早く本題に入りたいのに!!好きだから長文になってしまう。
四人目。

東海オンエアのおもしろタンク、こと「ゆめまる」。メンバーカラーはピンク。
無類のヒップホップ好きのようで、結構深いところまでディグっている。
プロのラッパーの晋平太も唸るレベル。
断言しよう。趣味の深い奴ほど人間としてオモロいぜ。
ちなみに陸上でとんでもない成績を収めている。
陸上800mのベストタイムは1分57秒83。
…え?1分?愛知県二位らしい。
高校総体西三河予選三位…?


ふう、あと二人だからここまで来たら飛ばさずに読もうや。
五人目。

何担当なのかはわからんけど、メンバーカラーは茶色。「虫眼鏡」。
なんでメンバーカラーが茶色なのかっていうのは、
ウンコが好きだからだそうです。
本人は事実無根であると言っていますが。
あと東海オンエアのメンバーの名前は全て本名なのですが、
なぜ彼だけ「虫眼鏡」なのかというと、
はじめしゃちょー(現在登録者数1000万人超えのYouTuber)に
「(背が)ちっちゃくて眼鏡をかけているから」
という理由で名付けられ、登録者が700万人を超えた今でもそのカルマを背負っています。
女性に厳しい一面があり(そういうキャラ?)、
企画で一般女性が出演し、女性たち同士で司会進行を妨げるような談笑をしていると
甲高い裏声で「早くしろ!」とキツく(厳しく)当たる芸を持っている。
彼の切れ芸のスピード感はかなりハイレベルである。


そして六人目。

東海の主砲こと「しばゆー」メンバーカラーは黄色。
東海オンエアの6人の中で最も異彩を放つ立ち位置にいる。
彼も音楽センスが抜きんでており、笑いの秩序の無さが凄まじい破壊力を得ている。彼の笑いと芸術が混ざった世界観は唯一無二であると断言できる。言葉の牧場を運営しており、歌を作るときはその牧場にいつも訪れるという。
彼自身も、R-1グランプリに出場したことがある。それくらい面白い。
少し下品な話になるが、私が好きな動画の中で、「”食べるラー油”のように”○○できる○○”を開発していこう!」という動画があるのだが、
メンバーが「○○できる○○」を披露していき、
その動画の終盤で、
てつやが「見えるおならを開発する!」と言い、
小麦粉を尻に入れ放屁したら白煙が上がり大成功を収める動画があるのだが、
放屁を続けていたら実が出そうになり
「やばい!ウンチだ!」
と大笑いしながら騒ぐスタジオでしばゆーがてつやにこう言い放った。
見えるウンチしてw
手を叩いて笑った記憶がある。すべてが間違っているからだ。
見えるウンチ。そもそもウンチは可視性だし、「ウンチして」という要望も狂っている。笑いの天才だと思った。ちなみに東海オンエアのメンバーで最初に既婚者になった男で、妻もYouTuberの「あやなん」という。



さて、メンバー紹介が長くなったが、ここまでが基本情報だ。
ちなみにみんな同じ小学校だったり高校だったり部活だったりと、友達という共通項があって東海オンエアとなっている。

そして今回の騒動で暴走してしまったのは「しばゆー」である。
ここからは笑いを誘うのが難しい話になってくる。今のうちに笑っておいてくれ。


ネットで出回っている情報とか経緯とか。



まず経緯をざっくりとまとめておく。
ポイントはいくつかあるが、知らない人でもわかるようにまとめるとするなら、
こんなところだろう。

  • しばゆーは事なかれ主義なのか、強く物言いはできない性格のようだ。(わかる)
  • 妻のあやなんは毒舌で、SNSでよく感情を爆発させ、たびたび炎上している。
  • てつやは東海オンエアとして何でもエンタメにできて笑いたいと思ってる(多分)
  • てつやはあやなんのことが色々あって苦手。
  • しばゆーは双方から双方の悪口を聞かされる立場的な感じで板挟みだったと思われる。
  • 今回の騒動の引き金を引いたのは妻のあやなんのSNS暴走。
  • あやなんの暴走の原因となったのはてつやらしい。
  • あやなんをなだめようとするしばゆーが限界突破した。


経緯のことを細かく書いてみる。


数年前。しばゆーが、あやなん(妻)がいるにも関わらず、
台湾マッサージに行くという不貞行為があった。要はエロいマッサージをしてくれる店。
そしてしばゆーは東海オンエアにもそれを隠していた。
隠し事をされていることを肌で感じたのか、
しばゆーは妻のあやなんとのYouTube活動も掛け持ちしているという特殊な状況であり、
東海オンエアにとってしばゆーが少しだけ疎遠に感じていた部分もあっただろう。

そんな中、東海オンエアがしばゆーの不貞行為に勘づき、
「クイズミリオンエア」と評してしばゆーが不貞行為をしたことを認めさせるクイズ(全問正解で100万円貰える)の企画動画を撮った。
「あなたがあの日の撮影の後私たちに黙って向かった先は次のうち、どれ?」といった具合に。
この動画を撮った後、(裏側なので時系列は分からないが)
本件で一旦しばゆーが東海オンエアを脱退するかどうか、というところまで揉めた。
同い年の私が察するに「友達として隠し事しないでくれよ」みたいなことから始まって、結構揉めたのだろうと思う。
脱退手前まで行ったが、てつや含むメンバーはしばゆーから東海オンエアを辞めたくないという覚悟を聞き、脱退を免れたということがある。

そしてその覚悟と評して「クイズミリオンエア」を公開することとなった。
ちなみに動画はめちゃくちゃ面白い。
半ば誘導尋問という形でしばゆーは100万円を手にし、
「この100万円を渡すから動画を出すな」と懇願するシーンで笑いを誘った。そんな動画だ。

そしてそのとき、しばゆーとあやなんの間には子供を授かっていた。

しばゆーとあやなんは、東海オンエアに「クイズミリオンエア」を世に出さないでくれと動画公開の直前まで頼んでいたという。
母体にストレスがかかるのはよくないから、と。

しかし当時の東海オンエアも貪欲に面白い動画を上げていかなければいけない、
いわゆる踏ん張り時、みたいな時期だったと思う。

東海オンエアは動画を世に出すことを優先した。

おそらく、東海オンエアとしばゆーとの話し合いの中で、
東海オンエアの活動も大事にしてもらう、という結論に至ったのだろうと思う。
しばゆーは毎週のように家族が住む東京と東海オンエアが住む岡崎を行き来するようになった。

そうすると、あやなんからしてみるとどうだろう。
もちろん東海オンエアとも話し合った上ではあるが、
夫のしばゆーと疎遠がちに感じたはずだ。

「東海オンエアの活動で私の夫が奪われている。」

そう感じたあやなんはSNSで東海オンエアのリーダーのてつやを攻撃する。

それを受けたてつやはあやなんに対して不満が募る。

しばゆーはどうだろう。

てつやとあやなんのどちらからもお互いの不満が耳に入ってくるだろう。

要は板挟みってやつ。


そしてある日、東海オンエア10周年を迎えた、結構最近、
ひょんな偶然が重なって、てつや、としみつ、しばゆー3人で活動しているリサイタルズという音楽ユニットがあるのだが、
そのレコーディングスタジオにあやなんと息子が招かれた。たぶんしばゆーの仕事の都合上そこで落ち合うことになった感じ。

解散した後、てつやはあやなんに対して
「突然あやなんがやってきて嫌だった」という長文ラインを送ったとのこと。

そして日々の鬱憤が溜まっていたあやなん。爆発。暴走。

てめぇあの時は和やかにしてたじゃねえか
愛想笑いしてうわべだけの大人な付き合いもできねぇのか
有名人と結婚しただけのクソ童貞だなお前は
腐ったグループだよ 
しばゆーとは膨大な慰謝料請求して離婚してやる

まあこんな感じでSNSで暴走した。

夫婦円満にやってたのに、それを壊したんだよ、と
てつやを糾弾した。

世間的には「またヒス始まったよ」って感じ。
それくらい頻繁にSNSを騒がせていた。もうそういうキャラってレベルで定着してた。

なだめるしばゆー。
なんとか笑い事で終わらせようと面白おかしくなだめる。
あやなんが逆上。へらへらしてんじゃねーよと。


常日頃、板挟みを受けていたしばゆー、ついにダム決壊。


全員ぶっ〇して俺も〇ぬ
くらいの勢い。
全部暴露。全方位に攻撃。
スマブラのリンクで言えば回転斬り。

いろいろなYouTuberや事務所のUUUMにも飛び火。
全員無能と吐き捨てる始末。
ちなみにしばゆーは月収2500万くらいらしい。




月収2500万ってよくわからない数字だが、
有名税にしては意外に稼げないんだな。
と思った。

だってプライベート丸裸にされる職業で、
常に人に見られているのに、月収2500万かよ。
一般人として普通の生活を送れない代償にしては安いな。
ていうか金じゃないんだな、と思った。

暴れるしばゆー。
てつやもあやなんも社会的に抹殺する!と豪語して暴れる。
公開を控えていた、ありとあらゆる情報を暴露。

泣き散らし、丸二日近く眠れずSNSで暴れ続けたしばゆー。
さすがに様子がおかしいとなったのか、彼の身を案じ始める。

あやなんもSNSでしばゆーのことを庇いながら、てつやを攻撃する。これは戦いだ、と言って。

連絡が取れない、どこに居るのかも分からないしばゆーに対して、
てつやが、これまでのことをSNSでしばゆーに向けて謝罪した。

しばゆーのやさしさにずっと甘えていたことを謝りたい。
人生で出会えた一番の親友に誠心誠意謝りたい。
東海オンエアのことは気にせず自由に生きてほしい。
友達として、好きに生きてほしい。

そんな感じ。


その後、多分その翌日くらいに、
しばゆーは、あやなんでもなく、東海オンエア関係者でもない人達の献身的な協力によて、病院へ行った、とてつやとあやなんがSNSで言う。心配をかけてごめんなさいとてつやはファンのみんなに謝った。

あやなんでもなく東海オンエアやYouTubeの関係者でもない人?
誰だろ?
と思ったけど普通に親じゃないか?


SNSには、どんよりとした空気が流れたまま。



現在は



そんな日から一週間。

つい先日(10/25)に、東海オンエアが
「東海オンエアの今後について」と題して動画を投稿した。


内容はざっくり言えば、

  • しばゆーはメンタル系の病院で治療を受けている
  • 薬を飲んで快方へ向かっているとのこと
  • 東海オンエアのメンバーみんなで会う機会ができた
  • しばゆーは東海オンエアのメンバーに対し「友達だよ」と言ってくれた
  • しばゆーは東海オンエアの活動に関しても前向きらしい
  • 東海オンエアがしばゆーナシで続けることは無い
  • 数か月、東海オンエアの活動をいったん休憩する(活動休止という言い方はしたくなかった)



こういう内容でした。


まとめと、私が思っていること




誰もが、少しずつ悪い。

同時にそれはそれぞれが信じている正義みたいなものがあって、

それが激突して、人が一人危険な目にあった。

そういう感じ。

勇者にも魔王にも信じる正義がある。そういう感じ。

どちらも悪い側面はあるが、正義と正義がぶつかるのはよくある話。

ファンのみんななら誰しも感じていることだろうが、

誰も責められないんだよこういう問題って。

喧嘩両成敗!ではないけど、それに近いような。

親しき中にも礼儀あり。
礼儀というか、思いやりですね。

思っていることを口に出し、
それでも前に進もうと話し合うことだけが
思いやりではないってことですね。

自分と違う考えを言い伏せるだけが正しさではないわけですね。

正しさだけが、正しいわけではないわけです。

それでも友達だ、と、
友達でいるためなら何でもすると、
彼らは答えを出した。

そういう騒動だったというわけ。

実際しばゆーがどういう診断をされて
どういう治療を受けているのかは明かされていない中、
「どんどん良くなっている」と話していましたが、
基本的にこういうのは、
薬を飲んだだけで治るものでなければ、
ましてや完治するものではないので、
しばゆーがどうやって付き合っていくか、でしょう。

そしてそのしばゆーと他のメンバーみんな、
関わるすべての人たちが、
どんな風に関わっていくのか、それ次第だと思います。

気を使って優しくすることだけが優しさではないでしょう。

そんなふうに相手を思いやるときに、
自分をないがしろにしてしまうと、
結局繰り返すかもしれないしね。

それは周りの人たちも、しばゆー自身も、
自分が殺されないようにしながら
全員がこれから周りの人を思いやっていく方法を
各々が
考えて、考えて、考えて、
少しずつ答えを探していくしかないのでしょう。

いろいろ思うところもあるでしょうが、
ファンの皆さんは、この騒動を経て、
少し大人になれたんじゃないでしょうか。


他人行儀で色々話しましたが、

最悪の事態にならなくてよかった。

最悪の事態ってのは東海オンエアの存続がどうとかいうことじゃなくて、
しばゆーが限界を感じて自ら命を絶ってしまうこと。


少なくともそれを防ぐことはできた。

この安心だけで、とりあえずはいいよ。

どれだけ辛いことがあっても、
どれだけ自分に限界を感じて、
どれだけ周囲を滅茶苦茶にしても、
生きてさえいれば未来がある

進むことができたり、
変わるチャンスが可能性として存在することって
この上ない価値じゃないですか。

それを捨てなくてよかった。

私がこの騒動で感じたのは
そういうメッセージでした。
忙しい日々の中で、
忘れがちになってすぐ「限界、死ぬ」とか思っちゃうけど、
思い出させてくれた気がするよ。


切っても切れない地獄がみんなある。
そこはみんな平等ですね。

「私の地獄はこんな感じ!君の地獄も教えてくれよ!」

って笑って話したい。かなり難易度は高いが。

それだけでみんな仲間だろ。
それだけで生きていけるんじゃないの?



この間ニューヨークの警察官が若者の自殺を止めたというニュースを見たけど、

news.yahoo.co.jp




警察官は若者に向かって、

「人生は美しい」

って言ったんだって。

「僕は友達だ。一緒に戦うことを約束する。」

「あきらめないでくれ、ブラザー。人生は美しい、君は美しい。」

ってさ。



そういうことかもね。


長くなりました。読んでくれてありがとう。
それじゃ、また。